システムキッチン・セクショナルキッチン(流し台)のアイオ産業株式会社

03-3862-5010
カタログ請求

よくある質問

Q. ステンレス天板がさびてしまった。ステンレスはさびない材質ではないのですか?

A. ステンレスは「さびにくい」金属ですが、使用後の手入れ方法によってはさびたりすることがあります。
さびを防ぐために下記の点にご注意の上、ご使用ください。

さびの原因と対策

  1. 缶など、ステンレス以外の金属の多くは、ステンレスの表面に付着するとそれ自身がさびるだけでなく、ステンレス自身のさびにまでつながる、いわゆる「もらいさび」を起こします。金属製品をステンレス天板、シンク内に放置しないでください。
  2. ステンレス流し台の上に塩分や油、煮こぼれを放置しておくと酸化し、ステンレスにさびを発生させることがあります。塩分の濃い食品(醤油等)や油汚れが付着した場合は早めに洗い流してください。
  3. 「塩素系の洗浄剤」や「漂白・殺菌剤」等を使用されますと、ステンレスのシンク等が錆びる事があります。 しつこい汚れを除去するため洗剤をお使いになる場合、入念に水洗いをし、調理面をよく拭きとってください。
  4. 市販の「塩素系ぬめり取り剤」を使用すると水分に反応して塩素ガスを発生させます。 塩素ガスはシンクや周辺のステンレスをさびさせたり、ステンレスに穴があく場合があります。 「塩素系ぬめり取り剤」は絶対に使用しないでください。

ステンレスにさびが発生してしまったら

  1. 布やスポンジなどにクリームクレンザーまたは市販のステンレスクリーナーをつけて磨いてください。取りにくい時はナイロンたわしで磨いてください。
  2. 磨いた後は水ぶきしてクレンザーを取りさらに乾いた布でふいてください。

※初期のさびは上記の方法で解決することが多いですが、磨いた部分の光沢が変わることがあります。

ステンレスはなぜさびにくい?

ステンレスがさびにくいのは、表面に薄い耐食性を持つ膜(不動態皮膜)があるからです。 この膜は一度傷ついてもすぐに再生します。再生には酸素が必要なため、汚れや塩分によりこれが妨げられたときにさびが発生します。 こまめにお掃除をしていただくことでステンレスを長くきれいにお使いいただけます。

※不動態皮膜とは
腐食作用に対して抵抗する膜で、ステンレスに含有するクロムと空気中の酸素が結合してできる酸化被膜のこと。

 

Q. キャビネット内から悪臭がするのですが、どうしたらいいですか?

A. キャビネット内の悪臭には二つの原因が考えられます。

悪臭の原因と対策

  1. 食品類や調味料、洗剤などがこぼれてキャビネットに付着したために発生した腐敗臭が原因と考えられます。
    キッチンの洗い水や揚げ物の油、煮こぼれなどが付着している場合は、中性洗剤を布につけ、汚れをふき取ってください。
  2. 排水ホースに付いている防臭キャップが外れて、下水臭が漏れていることが考えられます。
    下水臭の場合は、防臭キャップが正確に取り付けられているかを確認してください。外れている場合は締めなおし、扉を開けて換気をしてください。
    それでも、臭いが気になるようであれば、市販の脱臭剤を設置してください。

※防臭キャップが外れていると排水口から上がる水分によりキャビネット内部にカビが発生したり、キャビネットが腐食したりすることもあります。

 

Q. なぜキッチンの底板にステンレスを貼っていないのですか?

A. アイオ産業のキッチンの底板にはEBコートを採用しています。

底板ステンレス貼りは、納入時の見た目、イメージの良さから、現在も支持をされる方が多くいらっしゃいます。しかしステンレスは醤油ビンの輪ジミ等収納物を原因とするもらいサビや、漂白剤のような塩素系薬剤によるサビ、腐食を起こすことがあります。

キッチン内で起こりうるそうした劣化要素を防ぐため、弊社では底板ステンレス貼りをやめ、2006年よりEBコート底板を採用しております。EBコートは表面仕上げに特殊加工を施し、「傷がつきにくい」「汚れに強い」点が特長です。 またステンレス貼り底板に比べ穴開け加工等の現場施工が容易であり、 まさにキッチン底板の素材に適した材質なのです。

現在では、 EBコートは大手キッチンメーカーのシステムキッチンの引出底板や扉、キッチンパネルなどにも採用されており、業界でも高く評価されております。

Q. アイオ産業の古い流し台の扉やパーツを交換したいのですが、購入できますか?

A. 扉は詳細寸法と写真をお送りいただくか、現物をお預かりし、製作させていただきます。

その際弊社から確認事項を問合せさせていただいております。
また丁番、取っ手等金物も一部製品を除きアフターメンテナンス用にご用意しております。

※製品によっては同じ面材、部材が用意できない場合があります。

Q. 扉が曲がって取り付けてあるのですが調整できませんか?

A. アイオ産業のキッチン、下駄箱にはワンタッチ式スライド丁番が採用されております。

丁番の取り付け、取り外しはワンタッチ。扉の前後左右の調整もプラスドライバー1本でできます。作業方法は下図をご参照ください。

Q. 不燃サイドカバーと防熱板の使い方は?

A. 流し台とガス台(コンロ台)は高さが異なる為、組み合せた場合に流し台の側板がコンロ台から見えてしまいます。

この部分に不燃サイドカバーを貼ることでコンロの熱からキッチンを守ります。
サイドカバーは機種により対応品番が異なる為、ご確認をお願い致します。

防熱板はガスコンロ側面の壁面に取り付けることでコンロの熱から壁面を守ります。

(下地および仕上げが不燃材、準不燃材の壁にご使用ください。)

Q. アイオ産業の配送エリア外への納入は対応できますか?

A. 一部弊社配送エリアに隣接する地域への有償配送は承っておりますが、アフターメンテナンス対応の点から 遠方への納入はしておりません。配送エリアにつきましてはこちらをご参照ください。また有償配送 エリアにつきましては弊社までお問い合わせください。